So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

焼酎を燗にする必需品_黒ぢょか [のんだく日記]

10月に入って一気に肌寒くなってきました[ダッシュ(走り出すさま)]
こうなると、焼酎を燗でやりたくなりますね[いい気分(温泉)]

そんなときの必需品、黒ぢょか(黒千代香)を紹介します。

22103ts.jpgちょかは、水で割った焼酎を温めるために生まれた陶器。
焼酎のふるさと鹿児島に古くから伝わる酒器の代表格です。

使い方は簡単[わーい(嬉しい顔)]
焼酎サーバーやデキャンターなどで前もって割り水して馴染ませた焼酎を、黒千代香(くろぢょか)に入れて五徳(コンロ)に乗せ、ロウソクで下からゆっくり温めます。
人肌に温めた焼酎をちょこに注いだときに広がる焼酎のふんわりとした香りがたまりません。

お湯割とはひと味違う味わいが楽しめます[ぴかぴか(新しい)]

(10.15追記)
ちなみに、使い続けていくと焼酎がしみ込んで、お湯を注いだだけで焼酎の香りが立ち上るようになります[いい気分(温泉)]
そうなってくると、焼酎の味わいもより複雑になって楽しみが増えますね[わーい(嬉しい顔)]

私は、いも焼酎用と黒糖焼酎用でちょかを分けて使っています。
うっかり取っ手を焦がしてしまったこともあり、取っ手だけ付替えて6年くらい使っているでしょうか。

それぞれの香りが増すまで使い込んだちょかは、ちょっとした自慢です[手(チョキ)]

ただいまヤフオク出品中 ラスト1組[exclamation][次項有](2009.10.20)
おかげさまで終了しました[exclamation](2009.10.24)

黒ぢょかのみヤフオクにて出品中[次項有]ラスト1個(2009.10.25)

焼酎の正しい作り方 燗・水割り・ストレート 編はこちら
焼酎の正しい作り方 ロック・お湯割 編 はこちら

ちなみに黒千代香の名前の由来は・・・

黒千代香 注ぎ口がイノシシの牙に似ていることから「猪牙(チョカ)」と呼ばれるようになったいう説と、
酒瓶の中国読みでチュカという言葉が琉球王朝時代の沖縄に酎家(ちゅうかあ)と呼ばれ、それが鹿児島の「ちょか」になったという2つの説があるそうです。
この独特の形状は鹿児島のシンボル、雄大な「桜島」を表したものだとも言われています。


そんなうんちくも語りながら、秋の夜長を焼酎で楽しみましょう[手(チョキ)]

アクセスランキング参加中


にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

ぽちっとよろしく人気ブログランキングへ

[次項有]鹿児島の本格焼酎買うならココ!焼酎どっとねっと
おすすめの焼酎
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 1

しげさん

記事に一部追記しました。
by しげさん (2009-10-15 16:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0