So-net無料ブログ作成
ひのえ会 ブログトップ
前の10件 | -

こだわり梅酒 一本 [ひのえ会]

こだわり梅酒を一本空けて、帰って来ました。

ちなみに会長は、一人で『銀座のすずめ』半分飲んでました。

二人とも、今日はちょっと調子悪い。



と思ったら、その前にビール2リットル飲んでました(゜-゜)

筑後のこだわり梅酒 のあて [ひのえ会]

今日のメインディッシュは、
あゆの塩焼きでした!

塩加減もいいあんばい(あれ?重なってる)で、柔らかくふっくらした身の甘さといったらw(゜o゜)w

今日はお呼ばれなのをいいことに、二尾もいただいちゃいました(^o^)


あまりにも感激して、写真撮るの忘れてた(・_・)

久しぶりの丙会 [ひのえ会]

今日は久しぶりの丙会です。

ただいま会長宅に向かう電車の中です。


私の持ち込みは、
切り干し大根煮ときゅうりとワカメの酢の物です。

イカの塩辛も漬けたのですが、塩加減が悪いのか美味しくないのでやめました(+_+)


酒は焼酎で漬けた梅酒にしました(^0^)/

後ほどアップします!

『丙会』とは?
『丙会』開催報告その1
丙(ひのえ)会 会長という人

丙(ひのえ)会 会長という人 [ひのえ会]

皆さま。
丙(ひのえ)会 会長にどんなイメージをお持ちでしょうか?

>酒豪
その通り。

>豪傑
うん、そういう面もあるかな

>わがまま
いやぁ、好きなこと言うけど・・・

>女王
確かに無理難題を言うときもあるけど・・・


あーやっぱり誤解させてますね。

確かにシラフのときとお酒を飲んだときでは、語り方が違う。がんがん飲んで熱く語る。
でも、
彼女はとても心配りのある、落ち着いた、そして繊細な女性でもあるのです。かゆいところに手が届く、とでも言うのでしょうか。
私が落ち込んでたりすると、よーく話を聴いてくれて、理解とともに的確なアドバイスをくれる。
進路に迷ってたりすると、自分を信じろと、力一杯背中を押してくれる。
がんがんお酒を飲んだ次の日、自分も子供の世話で大変だっただろうに、必ず「昨日はご主人に怒られなかった?」と気遣いのメールをくれる。
そして次に会うときには「この前は悪かったね」と照れくさそうに一升ビンを持ってくる。
お互い様なのに、ちょっとした心配りを欠かさない、とても素敵な人なのです。

だから、また今日も一緒に大酒飲んじゃうんだな)^o^(

丙会その2 [ひのえ会]

で、フリッターはろくに口に入らなかったので、
今度はチップスだわ!
と一生懸命揚げましたわ(^!^)y~

しかし今度は小さな手が次々と。いやよく見るとやっぱり大きな手。

いつの間にかスコッチは空に。

結局フィシュもチップスも完売御礼。

「ピザか食べたい」の会長の一声で宅配ピザもたいらげ、泡盛の四合瓶を空け、さらに次のスコッチを三分の一ほど空けて終了。

後半はあまり覚えてないが、今回もよく飲み良く食べたことは確か。
楽しかったぁ~\(~o~)/

>皆が帰ったあと

らきおの散歩は行った。らしい。
わかさぎの代わりにシシャモを買った。ようだ。俺はわかさぎが食べたかった!と主人が叫んでいたのは覚えてる。
が、私は酔って気分よくしゃべるだけ。

気が付けば朝。

豆乳入りおぼろ豆腐が冷蔵庫にあったのですが、なぜだろう??

丙(ひのえ)会は激しかった [ひのえ会]

いやあ(・_・|
いつもにも増して、激しい一日でした。

丙(ひのえ)会は、午前11時から始まりました。

今回のテーマはスコッチ。
三人それぞれにお気に入りの一本を持ち寄り、つまみをセレクト。
今回の会場は家だったので、フィシュ&チップスは私が準備。

その他、チップスだのクラッカーだのドイツパンに生ハム、サラダと盛り沢山で始まりました。

サラダや、
薄くスライスしたドイツパンに生ハムを乗せて食べたり、
会長の持ってきた英国王室ご用達クラッカーでスコッチ半分を空け、
メインディッシュを揚げはじめる。

フィシュはワカサギのフリッター。

え?なぜ白身のフライじゃないかって?

聞いてくださいよ。テーマが決まった際の会長の一言。

「私ワカサギが食べたい。芦ノ湖で釣ってきて」

ははは(;_;)

さすがに芦ノ湖は行きませんでしたよ。
魚屋で買いました。

朝から卵白泡立てて、フリッターの衣も作りました。
揚げたてを食べさせようと傍で揚げたんです。

「カリッとして美味しい!」
大好評でした。

「貴女って私たちの中で一番料理上手よ!」
うれしいじゃない!!

俄然やる気になった私は、次々と揚げては皿に盛り、
次のを鍋に入れて振り返ると、皿はから。

結局私の口に入ったのは、味見の数尾のみ。

(;_;)


つづく!

丙会 [ひのえ会]

今日は丙会
スコッチ!って感じでやりました。

いま解散したので
また書きます

四月の丙会 [ひのえ会]

次回の丙会のテーマはスコッチ。

スコッチに合うつまみを思案中。

生ハムにケーパーとオリーブオイル、挽きたてのブラックペッパーをかけて食べるのが定番なのですが、他は何にしよう?

いい案があったら教えていただけますか?

丙(ひのえ)会 その2 [ひのえ会]

54b0edc8.JPG前回の続きです。

まあ、そんな感じで無意識のうちに必要なものだけ取り入れるようになったよね、なんて話ながら、じゃあ10年後どうありたいか語り合ったわけなんです。

私は、自分の周りのことに、常に発見や感動を忘れないでいたいな、と思ってます。
それは、日常の出来事でも家族や友人その他の人でも、10年後も色んなことに常に新鮮な気持ちで向き合う気持ちを持ち続けたいということ。

ちょっと抽象的ですが。

例えば今日はとても天気が良くって、らっきぃと散歩しながら空をながめてました。
そしたら雲一つない空の青は均一なことに気が付いたんです!雲があるときは、雲の回りの色が少し薄かったりすると思うのですが、今日の空は混じり気のない透明な青。

とっくに知ってる人はいるでしょうし、ちっちゃいことだけど、なんだか今まで気が付かなかったことに気が付いてうれしくなりました。

そんな小さい発見が、いつまでもできる自分でいたいな、と。
それで、シンプルだけど自分が満足できる生活が出来てればいいと。
う~ん、うまく言えないのですが・・・

とにかくそんなことを語り合っていたのですが、
そんな中、彼女は、10年後の自分のために、お気に入りの泡盛を一本寝かせておきたいと言いました。
10年後の自分へのご褒美として、うまい古酒をプレゼントしたいんだと。

なんか、とっても素敵なアイデアだな・・・と、私も真似したくなった。

と言うわけで、これから彼女の誕生日までの半年弱、お気に入りの泡盛を見つけるまで、いろんな種類を飲み歩く日々が始まる。

ちなみに、その日に飲んだ焼酎は10種類。

まだまだ、泡盛探歩の日は続くのである。この年の5月。 10年後に飲む焼酎を、泡盛の『龍』に決定。 毎年仕次して、楽しみにしています。

丙(ひのえ)会は今度も熱かった [ひのえ会]

丙会(ひのえかい)はいつやるの?
と、たくさんの方から質問をいただきました。

皆さんも楽しみにしてくださってたんですね。

実はちょうど一週間前、あの雪の降った夜に、伊勢佐木町界隈でひっそり(?)と開催されていました。

諸般の事情で今回集まったのは二人。
ワイン二本空けて昼寝してた彼女と私。どう考えても朝だな、こりゃ。


最初に入った店は、沖縄料理と焼酎の種類が豊富な居酒屋風の店。

前から沖縄料理のメニューが並んだ看板にひかれていたのだが、初めて入って大当たり!

カウンターや棚にずらりと並んだ焼酎の数々。
そして明るく爽やかな店員さん達がきびきびと歩き回る店内に通され、席に着く頃には、すでに満足度50%。

ドリンクのメニューにさらに更に10%UP。
いも、麦、米、黒糖、泡盛と、10銘柄以上ずつあったかな?
その他メニューにない瓶もあったりして、本当に目移りしてしまいます。

さて、何から始める?
今日は寒いからお湯割りで楽しめるものがいいとの彼女のリクエストに黒糖焼酎の『天下一』をセレクトし、私は泡盛『琉球王朝』の5年古酒を・・・

と、メニューを見ていたら、『オリオンビール』があるじゃないですか!!
二人で即決「オリオンビール2つください」。

最初の5分はなんだったんだ。寒いんじゃなかったのか。

と、自分たちで突っ込みつつ乾杯!

突き出しは「キャベツに油みそをつけてどうぞ」って、これがうまい(~0~)/~
キャベツの甘さとみその甘さがうまくマッチして、シンプルなのに絶品。

出だしから堪能しつつ、定番ゴーヤチャンプルーに豆腐よう、海ぶどうに、ん?から揚げもなんか頼んだぞ??すいません、あと忘れた。

まあ、一通りつまみが揃ったところで、語り始めたわけです。

テーマは10年後の自分。

ところで皆さん、5年周期位で、自分の体質とか嗜好が変わっていく、って経験ありますか?

私も彼女も、20代後半、30代前半、30代後半と、例えば食べ物や服だったり、インテリアだったりするのですが、だんだん自分の必要なものと不要なものを切り分けて必要なものだけを取り入れるようになってきたな、と思うのです。

食べ物だったら、例えばサラダ。
以前は、沢山の野菜に凝ったドレッシングを作ってかけて食べるのが好きだったのが、今はレタスとルッコラをちぎってお皿に盛り、厳選した塩とオリーブオイルとブラックペッパーをかけるだけ。
野菜の旨みを充分に堪能できて、それがめちゃめちゃ美味しい。
そのかわり、レタスもルッコラも新鮮なものを探し(ちなみに彼女は鎌倉野菜派)、塩もアドリア海の自然塩、オリーブオイルはイタリア産のエキストラバージンオイル、ブラックペッパーはギャバンのホールを直前にミルで摺ったもの、なんて感じでちょっとこだわってみる。

インテリアも、あれこれ揃えないで、本当に気に入ったものを部屋に一点だけ置くシンプルなレイアウトにするなど。

なんだろう、量より質っていうのでしょうか?
シンプルで良質なものだけ取り入れるようになっていく感じってわかります?

続く

前の10件 | - ひのえ会 ブログトップ